銀座・新宿・仙台の英会話スクール ステージライン新宿 受付のANです。
前回の続きです。本日は少人数編成のジャズコンボについてお話させて頂きます。
何人編成なのかで呼び方が変わります。

少人数編成のジャズコンボ
Solo/ソロ:独奏
Duo/デュオ:2人編成(2重奏)
Trio/トリオ:3人編成(3重奏)
Quartet/カルテット:4人編成(4重奏)
Quintet/クインテット:5人編成(5重奏)
Sextet/セクステット:6人編成(6重奏)
Septet/セプテット:7人編成(7重奏)
Octet/オクテット:8人編成(8重奏)
Nonet/ノネット:9人編成(9人編成)
Dectet/デクテット:10人編成(10重奏)

よくある編成はDuo/ Trio/ Quartet/ Quintet。
Duoは和音楽器(Piano/Guitar)とその他Vo, Sax, Flute, Trumpetなどのメロディー楽器もしくはBassの組み合わせが一般的。
TrioはPiano or Guitar, Bass, Drumsのリズムセクションの組み合わせか、リズムセクション2楽器+メロディー楽器の組み合わせが多い。
Quartetはリズムセクション3楽器(Piano or Guitar, Bass, Drums) + メロディー楽器の組み合わせが多い。
Quintetはリズムセクション3楽器(Piano or Guitar, Bass, Drums) + メロディー楽器2本の組み合わせが多い。
※メロディー楽器(Voを含む)をフロント(Front)と呼ばれる。

ピアノやサックスなど、お好きな楽器が加わっているコンボから聞き始めると、きっと好きなバンドが見つかると思います。私のおすすめは「Medeski, Martin & Wood」です。ヒップホップやファンクが好きな方にもオススメです。