お疲れ様です。肉部会長、渡辺です。幾多の試練を乗越え、無事生還してまいりました。「肉を知り、そして人を知る」を胸に刻みつけ、手に汗握り、夢を追い求め、企画部長、書記とともに行って参りました。(3/6スタッフブログ参照)ただ、今回のミッションは、とても危険が伴い、会長として、何かあって社員に怪我をさせてはいけないとの不安がよぎり、急遽1名ヘットハンティングし、総勢4名の万全な体制で行きました。場所は、仙台一番町、三○精肉店。肉という宝を追い、集まった群れたちが集い、30分程待機の状態となりました。詳しい内容は、書記から報告がありましたが、今回初めての活動となり、それぞれの役割を理解せずに行った為、ミスコミュニケーションが発生し、肉死と隣合わせの場面が何度も訪れました。一度頼んだ部位(ハラミ)を再度オーダーしようとしたり(書記)、肉とライスの食べる配分を間違え、途中で白飯がなくなりそうになったり(また書記)、焼肉の網を代えようとした所に、新たな肉を投入しようとしたり(そしてなんとまた書記)、一歩間違えれば肉命を落とすようなトコを、企画部長が身の危険を感じ、なんとか止め、一命をとり止めました。その後、今回の反省点も企画部長を中心に、自発的に話し合い、改善点も挙げている様をみて、その時、会長思いました。企画部長、ずいぶん頼もしくなったな~って。肉と共に成長したな~って、桜咲き、肉を焼き、夢想う。桜舞い、肉を食べ、夢叶う。桜散り、肉が消え、そして朽ち果てる。森羅万象、季節の変わり目、引退を考え始めた今日この頃。/仙台スタッフ なべ