昨年末にカンボジアとベトナムに行ってきました。 成田から先ずはベトナムの首都ハノイへ。ベトナム航空の機内食はgreatでしたよ!キャビンアテンダントさんたちの制服はベトナムの民族衣装アオザイです。スリットがすごく深いので、脇腹の生肌が見えます。しかし、キャビンアテンダントさんたち全く愛想がない。みんな綺麗なのに残念。そこでカンボジアまでの乗り換え便のため約2時間の待ちあわせ。 この空港でちょっとしたカルチャーショックがありました。 空港そのものはそこそこ広いんですけど、節電のため薄暗い。時間つぶしにショップをぶらぶら・・・そこで目にしたものは・・・!店員達の超ヤル気のなさ!普通に寝てるんですよ。椅子にも垂れてとかじゃなくて、床にござみたいなのを敷いてすっかり身体を横たえて、「眠ってる」んです!!!客【ひょっとして泥棒?】が店のものを勝手に手に取ろうがショウケースを開けようが全く目を開けることがない!他のお客に店員と間違えられてベトナム語で話しかけられました。思い切り安値で売っちゃえばよかったかなぁ・・。 1ヶ所だけ店員が「起きてる」ところがあったんですが、そこには店員の友人達がたむろして、途切れることのないおしゃべりに夢中!たまに気になったものがあって、値段を聞こうとしても、「今おしゃべりしてんのに何よ!」みたいな顔で横目でにらまれておしまい。興味を示してる時にすかさず売り込むなどという考えは皆無!まぁ、つきまとわれないから楽っちゃぁ楽ですけど。 社会主義国だから一生懸命頑張っても給料とか一律なんだろうし、まぁこんなもんなんでしょうかねぇ・・・。 ここから約1時間半の飛行でカンボジアの、あの有名な世界遺産のアンコールワットの門前町シェムリアップへ。そこでのお話はまた次回お届けしますね。 talk to you later! /Sendai Study Advisor Yumiko