私、生まれて初めて上海に行ってきました。中国は広いので母国の人でもあまり行きません。上海は、いきなり(仙台弁で“とても”)大きいです。地下鉄も2時間ぐらい乗っていたというのに、まだまだ線路が続いているので、すごく驚きました。さすが大都会の上海だなあとつくづく思いました。 上海と言えば、歩行者天国の南京路と外灘ですね。 もちろん、どっちも行ってきました。 南京路のピカピカに輝いているネオン、外灘の幻想的な夜景に魅せられ、ずっと頭を上げてあちこち見ていたら、いつの間にか首が痛くなってしまい、あ、ずいぶん見ていたなあと気づきました。いつも絵やテレビでしか見ていなかったのですが、はやり本物を見ると迫力が違いました。 そういえば、上海のデパートに行って、買い物したら、会計の仕方が分からなくて、店員さんに馬鹿にされました(苦笑)。 とにかく、今回は何を見ても新鮮で、田舎者が初めて大都会に行ったような感じでした。 残念ながら、小籠包と上海蟹を食べなかったですが、百年の歴史を持つ火鍋の店で食べたので、大満足です。 皆さんも是非、上海に行って見てくださいね。上海紀行でした! /仙台広瀬通校スタッフ 姫